Back Home

 ● Down Load Series


このページでは
病気に関係している
いろいろな画像ファイルをダウンロードすることができます。
中には「ちょっと気持ち悪〜い!」ようなものもあるかも!?
犬や猫の病気の原因になっている "あれ" の本物を目で確認することができる
ちょっとドキドキのコーナーです。

名前:

耳ヒゼンダニ(Otodectes cynotis)

内容:

otodectes_01.jpg:ほぼ全身像です。
otodectes_02.jpg:交接(交尾)しています。ちょっと珍しい!
otodectes_03.jpg:このダニが動いている映像もあります。
otodectes_04.jpg:平たくなってしまっていますが、特徴的です。
otodectes_05.jpg:ダニの厚みに顕微鏡のフォーカスが追従できていませんが、全身像です。
otodectes_06.jpg:他の個体の全身像です。
otodectes_07.jpg:卵です。たくさん寄生している場合、耳の中からこのようなものも見つかります。
otodectes_08.jpg:卵です。少し分裂が進んでいます。
otodectes_09.jpg:卵です。分裂が進んでいます。
otodectes_10.jpg:卵です。もう大分かたちができあがっています。
otodectes_11.jpg:もうすぐ生まれるダニの!拡大像です。

他に動画として otodectes_01.mpg:弱拡大で動くヒゼンダニです。
otodectes_02.mpg:交接中のオスとメスです。近くを他人が通っていきます。
otodectes_03.mpg:同じく交接中ですが、少し拡大しています。これは珍しい!
otodectes_04.mpg:全体像です。
otodectes_05.mpg:撮り方を変えていますが、足がちょっと恐ろしい。

などがありますが、それぞれのファイルは別々にダウンロードしてください。

今回収録したのは猫の体から採取した耳ヒゼンダニです。

説明:

耳ヒゼンダニはもっとも一般的にイヌやネコの体(耳)から発見される寄生虫のひとつです。

大きさは大変小さいのですが、目の良い人であれば肉眼でも発見することができるかも知れません(最近は老眼鏡のお世話になることになってしまいましたので、裸眼では近くのものをはっきり見ることができなくなってしまったのですが、そうなるまではイヌやネコの耳の中をのぞき込むだけでヒゼンダニが動いているのを確認することができました)。 耳の中が大変汚れていて、多くの場合黒い分泌物を確認するのですが、灰黒色のドロドロの分泌物の中にヒゼンダニが見つかったこともあります。

ほとんどの場合、人(飼い主さん)に迷惑をかけることはないようですが、これにとりつかれたイヌやネコは痒味とそれに伴う寝不足のために(特に幼い個体は)弱ってしまいます。 駆虫は動物病院で処置をすることで割と簡単にやっつけることができますので、「耳が悪いのでいろいろやってみているのだけれどどうもうまくいっていない!」という場合には一度このヒゼンダニの検査も受けてみることが良いかも知れません。


<< Jump To The Down Load Table >>







- UP -